建設業許可の費用

当事務所にて、一般建設業・知事許可を取得する場合の費用を記載します。

同時に複数の業種を取得する場合も、料金は同じです(業種数による追加料金などはありません)。

料金の詳細

行政書士報酬100,000円
消費税8,000円
福岡県証紙90,000円
各種証明書数千円
合計約200,000円

なお、各種証明書の額が未定となっていますが、各種証明書とは次のものです。

  • 住民票(本籍確認用)
  • 身分証明書
  • 登記されていないことの証明書
  • 登記事項証明書
  • 納税証明書

御社の状況によって必要な枚数が異なりますが、各種証明書の合計額は、1人社長の会社ならおよそ1,800円です。

また、他に役員がいらっしゃる場合、+1名につき+900円程度となります。

 

お支払いについて

ご請求は申請確定後でOK

当事務所では、事前相談にて御社の書類等を確認し、『建設業許可が取得できる』と精査した上で申請いたします。

申請直前の、最終的に御社から申請書に印鑑をいただくタイミングが、初回のご請求書発行の時期となります。

つまり、事前の精査にて『許可が取得できない』と判断した場合、お支払いは一切不要です。

お支払いの時期

お支払いの時期は、次のとおりです。指定の銀行口座へ振込みお支払いください。

  • 上記の初回のご請求…15万円
  • 許可取得完了後…残金(5万円程度)

なお、業務の進捗に合わせこちらからご請求書を発行しますので、事前相談にていきなり着手金をご用意いただかなくて大丈夫です。

不許可の場合、返金します

当事務所では、上記のとおり、『許可が取得できる』と精査の上、申請いたします。

また、申請時、申請窓口も小一時間かけて書類をチェックし、許可取得の必要書類がそろっていなければ受理しません。

このため、『申請したけど不許可になる』ということは、基本的にはあり得ません(少なくとも、当事務所では、申請したけど不許可になったというケースはありません)。

つまり、お客様におかれましては、『支払いまで済ませたのに許可がおりない』ということは、まずあり得ないと思われます。

万一そのようになった場合は、当事務所が受け取ったすべてのお金を返金させていただきます(お客様は一切費用負担なしとします)。

 

建設業許可へ戻る