事務所のプロフィール

山口行政書士

行政書士:山口永吉(やまぐちえいきち)

年齢:昭和55年3月16日生(39歳)

所属:福岡県行政書士会(11058号)

開業:平成23年9月1日

山口行政書士事務所について

当事務所は、私、山口永吉が31歳の時に創業いたしました。

普通のサラリーマンの両親のもと、自営業とは縁遠い環境で育ったため、まさか自分が起業するとは思ってもみませんでした。

経営を後押ししてくれるカネもコネもなく、開業当初はそれはそれは地獄を味わったものです。

あれよあれよと貯金は減り、『廃業まで首の皮ひとつ』というところから現在へ至ったのは、まさに奇跡のような歩みです。

開業6年目を迎える頃にようやく結婚もでき、今、念願のマイホームで、双子の息子たちと楽しく暮らしています。

この歩みの詳細をご覧になりたい方は、下記のブログをご覧ください。

開業日記

メディア掲載

福岡経済 2018年2月号

ふくおか経済

日経MJ新聞(2018年5月20日)

新聞記事

酒税法に関する記事を監修し、当事務所が掲載されました。

行政書士の山口について

さて、みなさんは『新卒(22歳)の行政書士』という人を見かけることがありますか?

一般に、行政書士に限らず、司法書士や税理士など士業資格は、養成する大学がありません。

つまり、士業というのは、実は、脱サラして異業種から転身するのがほとんどです。

では、私の前職はというと、IT系からの転職、ネットワーク関係のプログラマーでした。

ちなみに、今でも空いた時間でソフトを作っており、ソフトダウンロードで有名な『vectotr』に、私のソフトも登録されていますよ。

ソフトのページ

出身地など

私は、福岡県那珂川市の片縄というところで生まれ育ちました。

父方の実家は佐賀県唐津市なので、毎年、唐津くんちを見て育ちました。

母方の実家は長崎県五島列島の福江島で、祖父母が健在だった頃は夏休みに毎年帰省していたので、五島の海と満点の星空は、幼少期の思い出です。

趣味

私の趣味は、ギターです。

青春時代は、『レトロマン』という4人組のバンドを組み、福岡のライブハウスで活動していました。

担当は『ボーカル』です。

ただ、私は、歌や楽器が得意というよりは、『何にかを作り上げることが好き』というタイプだと思います。

例えば、『自分で作った曲を、ライブハウスで演奏する』という目的を掲げると、そのために『ギターや歌を練習する』とか、『作詞・作曲をする』とか、『練習スタジオやライブハウスを手配する』とか、一連のイベントをプロデュースすることに生きがいを感じたり、それを実現できる行動力のある人間だと思います。

そして、気質的にも、それが高じてこうして自営業に至ったのかもしれません。

なお、その頃のメンバーの一人は、今、福岡市博多区で司法書士事務所を開業しています。

池田司法書士

また、高校時代に文化祭で一緒にライブをしていたメンバーは、今、福岡市南区で税理士をしています。

高原税理士

もう一つ好きなことは『運転』です。

とはいっても車の操作のことではなく、『風景や街並みを見ること』、『地図や新しい道を覚えること』に喜びを感じます。

福岡の地理には自信があり、仕事においても、お客様のところへ向かう道中は好きな時間の1つです。