登記されていないことの証明書エクセル

登記されていないことの証明書について、次のようにお考えではありませんか?

  • 手書きはダサい!
  • パソコンで入力したい!
  • エクセルで使いたい!

当ページでは、申請書のエクセルをダウンロード提供しています!

ダウンロードは、ページ最下部あたり↓↓↓

登記されていないことの証明書とは

『登記されていないことの証明書』とは、ざっくりと言うと、『○○さんは、判断能力が十分にあるので、取引を行える人間ですよ』と証明するものです。

このような能力がなければ、取引・契約が法的に成立しなくなるなど不都合が生じます。

このため、『建設業』など、許認可を持って事業を行う場合には、『登記されていないことの証明書』を、所轄庁に提出することが求められます。

一般的には、『個人事業主』『代表取締役』『取締役』といった役職者がこれにひっかかると、事業経営はNGということになりますよ。

登記されていないことの証明書の請求方法や注意点】は、別ページでも解説しています。

img

証明書の発行について

さて、当ページでは、『証明書の発行』を少し便利にする方法をご紹介します!

『登記されていないことの証明書』の請求用紙とは、下記のような書面です。

登記されていないことの証明書

ポイントは、上記の赤い円で示した部分について、『記入したものがそのままが印字されて交付される』という点です。

通常、この申請書は手書きで書くので、つまり、『登記されていないことの証明書』は、『自分の手書きの文字が印字されてくる』というのが一般的です。

img

証明書をワープロ印字したい

そこで、次に考えるのが、次のようなことです。

  • 手書きじゃないとだめなの?
  • パソコンで入力したい!

 

特に、行政書士の仕事をしていると、取り扱うのは『お客様の書類』です。

自分のならまだしも、他人の書類に自分の汚い字が並ぶのは、ちょっとダサい気がします。

また、字に自信がある方でも、手書きは効率が悪い作業です。

例えば、『建設業の許可申請』などの業務で、依頼者の『登記されていないことの証明書』を手配するのって、結構面倒ではないですか?

『取締役全員分』などを請求するとなれば、枚数も多く、手書きだと、かなりの時間と労力を要します。

「パソコン等でワープロ印字できればなぁー」って考えます、絶対!

img

エクセルだと便利

では、『登記されていないことの証明書』をワープロ印字して交付を受けられるか、という疑問に戻りますが、答えは「OK」です!

最近では、法務省がダウンロード提供しているPDFファイルにも、『入力機能』が入っています。

つまり、『パソコン印刷自体は、オフィシャルな機能として既にある』ということです。

 

ただ、私は、「PDFじゃなくて、エクセルで使いたい」のです。

理由は、『エクセルだとリンク機能があって、業務を効率化できるから』です。

ただ、エクセルのダウンロードが、ネット上に見当たらないのです…。

 

そこで、登記されていないことの証明書の交付請求書を、excelファイルで自作しました!

下記よりダウンロードできますので、ご自由にお使いください。

img

ダウンロードの注意点

『登記されていないことの証明書』は、自作すればどんな書式でも使えるという訳ではないようです。

これは、『記入したものがそのまま印字される』というシステムによるためだと思われます。

おそらく、『上下4点にあるマークシートのような黒い点を位置情報として読取り、(赤い円の)印字部分をコピー出力する』という仕組みになっているのでしょう。

 

なお、私は、この書式で、無事に交付を受けることができていますが、法務局で、「読み取れない」という指摘を受けることがあります。

プリンタなどによっても、ズレが生じるようです…。

 

ちなみに、読み取れないと言われる場合でも、『パソコン印字で交付を受けられなかった』ということは、今までにないですよー。

ちゃんと、パソコン印字で、交付を受けられています!

「読み取れない」というのは、印字される『赤い円』の部分ではなく、上部の、印字されない部分(請求者の情報)が読み取れないらしいのです。

ここが読み取れないと、窓口の職員の方がキーボード入力しなければならないらしく、面倒かけて申し訳ないのです。

…ていうか、法務省が、もともとエクセルで用意してくれればこんなに気をもむこともないのですが。

 

さて、そんなこんなで、このファイルが無事に使えるかは自己責任でお願いしますが、皆さまの業務が便利になればという思いでエクセル版を無償提供します。

ダウンロードはこちら

 

エクセルだとズレるみたいで…

上記のエクセルは、プリンタによってズレるみたいです。

僕のエクセルの作り方の問題かもしれませんが…。

 

そんなこんなで、私は、現在、上記エクセルファイルを使っていません。

元プログラマーというスキルを活かして、自分自身でWindowsソフトを作ったのです!

これで、『登記されていないことの証明書』も印刷できますし、他にも、行政書士にとって業務が便利になる機能が入っています。

こちらのページより無料でダウンロードできますよ。

ソフトのページ

 

5章目次

行政書士おすすめトピック